少ない資金からでも大きな利益を狙うことができるFX

By: John Jewell

外為取引いわゆるFXの最大のメリットとして挙げられるのは、FX口座に預け入れた証拠金以上の取引ができるということが挙げられます。これはレバレッジと呼ばれる資産に対するテコの原理であり、数倍から数十倍までの設定ができるようになっておりますので、少ない元手資産からの参加であっても大きな利益を狙って取引をするということが可能になってくるのです。

このレバレッジというてこの原理を活用することによって、小さな資金であっても大きな取引通貨を動かせるということで大きな利益を得ることができるようになってくるのです。たとえば十万円をFX口座に証拠金として預けている方であれば、レバレッジ効果によって2倍に設定することで二十万円分の取引が可能になってきますし、仮に10倍に設定することで十万円の10倍となる百万円分の通貨トレードができるようになってきますので、証拠金以上の通貨取引をして大きな利益を狙うということが可能になってくるのです。

レバレッジにはこのような大きな利益を狙えるというメリットがある半面で、相場が予想の逆に動いてしまった場合には損失もその分大きくなってきてしまいますので、ロスカットの設定をしっかりとしておくことが大切になってくるのです。最近ですと証拠金以上のロスが発生してしまわないように、証拠金の数十パーセントの損失が発生した際に強制的なロスカットが行われるようになっておりますので、FXトレーダーの方がマイナスの負債を抱えてしまうということは避けられるようになっているのです。

しかしながら高倍率のレバレッジを利用する際には、大きな利益を狙える半面で、それ相応のリスクが発生することも十分に考えられますので、ハイレバレッジで取引をする際には為替レートの変動によほどの自信がある場合に限って設定することが大切になってくると考えられます。通常ではレバレッジは2倍から5倍程度で推移させるのが安定的な取引に繋がると考えられております。